| 
  • If you are citizen of an European Union member nation, you may not use this service unless you are at least 16 years old.

  • Work with all your cloud files (Drive, Dropbox, and Slack and Gmail attachments) and documents (Google Docs, Sheets, and Notion) in one place. Try Dokkio (from the makers of PBworks) for free. Now available on the web, Mac, Windows, and as a Chrome extension!

View
 

会見と広報

Page history last edited by tepco_friends 10 years, 6 months ago



会見の主要人物

 

松本 純一

栗田 隆史

寺澤 徹哉

小林 照明

黒田 光

巻上 毅司

・吉田 薫

藤本 孝

武藤 栄

清水 正孝

 


会見用語

 

【事象】・・・完全な事故。 例:原発で爆発事象がありました。
【ただちに】・・・①その瞬間のみ。 ②その後の事はわからない。悪化の可能性がある。
【明日以降】・・・明日も含んではいるが、最短でも明後日。
【確認中】・・・よくわからない。
【急いでおります】・・・後回しにします。
【情報が入ってきてない】・・・情報を聞かれたくない。
【念のため】・・・あとで文句を言われないため。
【専門家】・・・①利害関係者。 ②御用学者。
【予定】・・・やらないかもしれない、やれないかもしれない。
【安定】・・・過去(過ぎた事)限定で、先の事はわからない。悪化の可能性がある。
【日本国内の人が言う「大丈夫」】・・・有効期間は最短3時間程度。その後は高確率で深刻な状況である。
【安全です】・・・多分安全だったらいいな、安全だと信じてください。
【冷静に】・・・発表を鵜呑みにして。 例:国民の皆さんは冷静に行動してください。
【会見】・・・ごまかし。 例:東京電力の会見が始まりました。
【検討中】・・・困っていること。 例:明日の放水を検討中です。
【風評】・・・発表による国民の常識的な判断のこと。 例:風評により物資が届かない。
【申し訳ない】・・・①関係ありません。 ②死んでください。
【整理してから】・・・公開する情報と隠蔽する情報を選別・判断してから。
【○○の可能性も否定できない】・・・①○○している。 ②○○の可能性が高い。
【大きな音と白煙が発生した】・・・爆発した。
【○○の主導の下に】・・・○○は何もしていませんが  例:菅総理の主導の下に
【○○と理解しております】・・・○○ということにしておいてくれ、頼むよ、突っ込まないで。
例:健康に影響はないものと理解しております。
【着手】・・・計画を作る事が決定した時点のことで、実際にやっていることではない。
例:外部電源敷設に着手
【かもしれない】・・・確実にそうなる。

 


会見の動画

 

伝説の会見

http://www.ustream.tv/recorded/13775234

 

概要

4月4日深夜(不吉だ)の会見では、事前に5日に原子炉等規制法64条1項に基づく措置として
放射能汚染水を海に流すことを東電が政府に求め発令されていたが、
東電は準備が整ったとして午後7時3分に汚染水の放水を開始していた。
そこで、派手なジャケットを着たフリー記者2名から
「毎分2リットルしか漏れてないのに64条を適用するのはおかしくないか!」と詰め寄られ、
生中継も配信が乱れるなど、会見場は一時騒然となった。
そしてさらに、放出する放射能汚染水が1万トンにのぼることがわかると、
東電の会見内容と64条の適用との矛盾点が明らかになり、
その記者から「それを判断し決定した東電の幹部は誰だ!」
「今ここでもう一度別の方法を考えればこんなにたくさんの汚染水を流さなくても済むじゃないか。」
「事前に発表することもなくなんでいきなりこんなことをしたんだ。判断し決定した責任者の名前を教えろ!」

と世界の声を代弁したかのような超ストレート直球ツッコミをうけた。
粘りに粘って押し問答をした挙句、
栗田氏が一旦会見を中止し、幹部と相談後「ムトゥです」とゲロったため、
この会見と東京電力、そして日本が、世界の歴史にその汚名を残すこととなった。
黒田氏はこのことを知っていたのか知らなかったのか・・・彼の目からは、涙がこぼれ落ちていた。
時刻は日付が変わった5日午前2時近くであっただろうか。
東電敗北の瞬間である。

 


広報部

 

長谷川 和弘

栗田 隆史

寺澤 徹哉

・吉田 薫

Comments (0)

You don't have permission to comment on this page.